カードローンの借金返済シュミレーションと債務整理

カードローンの借金返済シュミレーションと債務整理(弁護士・認定司法書士) TOP

 

今、このサイトを読まれているあなたは、カードローンや消費者金融会社などからしている借金というのは、どれくらいあるのでしょうか?もしかしたら、カードローンなどで借金したお金を少しずつ返済されている方も多いと思います。しかし、たくさんカードローンをしたために、また多額の借金をしてしまったために、毎月返済したとしても、一向に減ることはない、という方もいるかもしれませんね。また、返済するお金が足りなくなって、さらに多額債務をすることになって、さらに借金が増えている方もいるかもしれません。もし、そのような場合でしたら、カードローンなどで借金したお金をどうやって返済しようか考えているかもしれません。そうすると日々の生活も、そして仕事の面においても落ち着くことができない、気持ちばかりが焦っている方も多いと思います。そうなりますと、そろそろ次の対応も検討しないといけないかな、と考えている方も多いかもしれませんね。それは、どのようなことになるのでしょうか?

 

その1つとして、債務整理をしようと考えていると思います。では、実際に債務整理をすればそれで問題は解決をするのでしょうか?債務整理というものがどういうものかを知らずに行いますと、やはりデメリットがあります。自己破産したらどうなる? 弁護士相談 

 

まずは債務整理をする前に、どのくらいのカードローンなどで借金した金額があるのかをシュミレーションする必要があります。それを元にして、どのような債務整理をすればいいのか、そして債権者に対して協議や対応をすればいいのかを考える必要があります。きっと、今のあなたは焦っている状態で何から手をつけていいのか分からない状態かもしれませんね。しかし、焦れば焦るほど状況は悪くなるばかりになってしまいます。そこでまずは落ち着いて、このサイトをじっくりと読んでいただき、どうすればカードローンの借金返済をすることができるのかを、調べたうえでその後の対応を弁護士や認定司法書士などと相談することをオススメします。

カードローンをしている金融会社の数は

カードローンや消費者金融会社からの借金返済というのは、現時点ではできそうな感じはあるでしょうか?もう1度書きますと、借金返済というのは必ずすることができます。その内容を見て、少し安心された方もいると思います。また、その一方で気休めにしか聞こえない、そんなのは絶対にムリだという考えも少なからずあるでしょう。でも、現時点では完全にそう思わなくても大丈夫です。いきなりそう思うことはないと思いますし、どちらかというと徐々にそれを実感として分かってくる、というのが正しい答えかもしれません。過度な期待はせず、かといって悲観的にならない、というそのくらいの考えていてくださいね。では、ここからは借金返済シュミレーションのことについて、どのようにして使えばいいのか、ということについて説明をします。そこで借金返済シュミレーションをするのに必要になる情報が、カードローンや消費者金融会社から借金をしている数になります。

 

なぜ、それを知る必要があるのでしょうか?それは借金返済シュミレーションを利用して正確に分析をするためになります。おそらくは、借金返済の返済日の数が、借金をしている数になります。また、すでに滞納などをしている場合には、直接の引き落としはありませんので、そこから来ている支払明細書などを確認しておくことが重要です。もし、借金をしていない、カードローンや消費者金融会社がありましたら、これ以上借金を増やさないためにも解約することをオススメします。

カードローンをしている金利や利息は

カードローンや消費者金融会社からの借金をしているところを少しでも減らすには、どうすればいいのでしょうか?それは前に書きましたが、借金をしていないカードローンや消費者金融会社がありましたら、スグに解約をするということです。そうすれば、借金をすることが物理的にできなくなるからです。当然、解約した以上は申し込みをしない限り借金はできなくなります。でも、それでムダな借金をしなくて済む、という気持ちになれば、実は借金をしなくてよかった、ただムダに借金をしていただけだ、と気づくかもしれません。もちろん急にはそのような気持ちにはならないかもしれません。しかし、そのことに気づくことができれば、少しは気分的にも安心するはずです。しかし、それを知るにしても、現状いくら借金をしているのか、という数も含めて調べる必要があります。それが借金返済シュミレーションをするのに必要になるからです。そして、次に必要になるのが、カードローンや消費者金融会社からしている金利や利息を知ることになります。

 

カードローンや消費者金融会社はただ、お金を貸しているだけではなく、そこにおまけを付けて貸しているわけです。それが、金利や借金した金額に応じての利息になるわけです。そして、借金返済に苦しむ人は、この金利や利息の返済が多すぎるため、借金返済ができないという方が多いのです。どうしても、金利や利息は後から付いてくるものなので、借金した時点では気づきにくい怖い要素になるのです。

カードローンをしている借金の残額は

借金というのは、究極のところ悪いものなのでしょうか?それとも、いいものなのでしょうか?この答えに関しては、借金をどのような理由でしているかによって変わってきます。しかし、1つだけ言えることは、仮にいい借金であっても、悪い借金であっても、必ず返すことが絶対条件になります。そのため、借金そのものに、いい、悪いというのはない、ということになるわけです。きっとあなたがは、カードローンや消費者金融会社からした借金も悪いとは分かっていながらも、これは仕方ない借金だ、と思いながら自分が借金しているのを正しいことである、と正当化していることはないでしょうか?また、実際にそうやって正当化した経験は何度あるでしょうか?そして、その正当化した数が積もり積もって、借金を膨らます要因になってしまうのです。つまり、自分を都合よく見るのではなく、何度も書いています借金した事実を知ることがとても大切です。そして、その事実で最も見たくないかもしれないのが、借金の残額がどれくらいあるか、ということです。

 

このカードローンや消費者金融会社から借金した残額というのは、生きているかのように増える、または減ったりします。減る要因は借金返済をした以外にはありません。しかし、増える要因は金利や利息が影響する、さらに追加で借金をする、滞納や延納をしてその分の遅延が発生しての賠償金など、様々あります。そのため、一体借金の残高がいくらあるのかを正確に知る必要があるのです。

借金返済シュミレーションでできることは

あなたは、この借金返済のサイトには、どのようにして訪れたのでしょうか?と、そのように質問されても、よく分からない、知らない間にここに来た、というのもあるかもしれませんね。しかし、その答えは実は間違っているんですね。なぜなら、あなたが行動を起こして、結果としてここに訪れたというわけです。しかし、ここで重要になるのは、行動を起こすのは、起こすキッカケとなったのは、情報があったから、ということになるのです。もし、借金をしている事実というのがなく、借金に関してしていなければ、行動を起こすための情報もなく、結果として行動をしなかったはずです。そして、これを読んでいるあなたは当然、借金返済をするための情報を見つけている、そしてどのような対応をすればいいのか、という情報を探している、というわけですよね。そして、情報に関して必要となるのは、実はこの借金返済のシュミレーションも同じことになるのです。なぜなら、借金返済シュミレーションをしたいと思っていても、借金をしている数や金額、金利や利息などを知らなければ、その情報がなければシュミレーションができません。では、その情報を元に借金返済シュミレーションでできることとは何でしょうか?

 

それは大きく分けますと、借金を毎月返済する金額、借金返済までかかる期間の2つになります。これを調べるためには、当然借金残額を借金している数を調べる必要があります。そして、各カードローンや消費者金融会社からの金利や利息も必要になります。

クレジットカードも借金返済のシュミレーションでできるの

借金というのは、あなたにとって簡単にできるもの、それとも難しいもののどちらになるのでしょうか?借金返済のことについて真剣に調べているのに、なぜそのような変な質問をしたのか、変に思っているかもしれませんね。でも、その答えというのは、あなたが知っているはずです。カードローンや消費者金融会社から、なぜ借金を重ねて、その借金返済に苦労しているのか、ということを知れば、答えは出てくるわけですね。もちろん、借金できる金額には上限はあるものの、その甘えに負けてしまって、またはこれくらい借金しても必ず借金返済できるから大丈夫と、結果として現状を作り上げてしまった、というわけです。そして、あなたはカードローンや消費者金融会社以外にも借金をしていることはないでしょうか?実は、手軽に使えてしまう1つにクレジットカードがあります。これも、ショッピングやそこに付加されているキャッシングを利用すれば、結果として必ずその金額を返済する必要があります。それも含めて苦労しているようなことはないでしょうか?では、カードローンや消費者金融会社以外のクレジットカードの場合も同様に、借金返済シュミレーションを利用することはできるのでしょうか?

 

これも同様に借金返済シュミレーションを利用することはできます。また、利用しているクレジットカード会社のサイトにも同様の機能を持っているところがあります。基本的には、利用している残額と金利や利息を元に計算すればいいので、原理は同じになります。

カードローンの毎月の返済額と返済日の数は

あなたは1日の生活をしている中で、借金返済のことについてはどれくらい考えているのでしょうか?おそらく答えの中には、起きている間ずっと考えていて、それで不安な思いをしている方もいるかもしれませんよね。また、そのことがストレスになって心身ともに調子が悪い方もいるかもしれません。もし、そのような借金や借金返済に関して不安を抱えている中で、最も不安になるとき、というのはいつになるのでしょうか?おそらくそれは、カードローンや消費者金融会社への借金返済をする返済日ではないかと思います。その返済日が近づくと、本当にそれまでにお金は足りるのか、返済はできるのか、という不安に恐れていることもあるかもしれませんよね。そして、何とかお金を用意して返済日に間に合ってとりあえずホッとしている、という方もいると思います。しかし、それがいつまでも続くとなると、そろそろもたないかも、または借金返済できなかったらどうしようという思いがあるかもしれませんよね。そこで、確認して欲しいのがカードローンや消費者金融会社への返済額や返済日は、1か月のうちにどれくらいあるのでしょうか?

 

これは、借金をしているカードローンや消費者金融会社の数に比例します。また、クレジットカードを使用していれば、それもあわせてカウントします。それを数えて見ると、1か月のうちに3回から4回、いやもっとある人もいるかもしれませんね。そして返済額もどのくらいかをシッカリと把握する必要があります。

カードローンの借金返済ができるうちにしておくことは

ここまでは主に借金返済シュミレーションを利用するうえで、必要となる情報、集めておく要素について説明をしました。正直なところ、この項目の内容を読んでどのように思いましたか?おそらくは、目を背けたくなる内容もたくさんあったかもしれません。確かにその気持ちはとても分かります。しかし、これだけは言えることがあります。それは、逃げても無意味ということです。これ以上、借金返済と追加の借金をする、というイタチごっこをしないためにも、ここは勇気を振り絞り、そして借金返済をするための行動を少しずつ起こすことが大切になります。そして、ここまで実際に取り組んだあなたは、現状を把握して驚くような結果を目の当たりにしたかもしれません。その現状を知って、もしかしたら借金返済は何とかなるかもしれない、というのも出てきた方もいるかもしれませんね。そう思えたのも、現状を知ったからになるからなんですね。そこでもし、カードローンや消費者金融会社の借金返済に余裕がある、できるうちにしておけること、とは何になるのでしょうか?

 

それは、繰り上げ返済になります。もし、借金をしている中で少額の残額があったら、早目に返すことをオススメします。そうすれば、返済日もその分少なくなり、ムダな金利や利息を払う必要がなくなるからです。または、返済日や金利や利息を少なくするには、おまとめローンなどを利用する、という方法もあります。


このページの先頭へ戻る